美肌キープのカギ!セラミドの働きと肌への効果

保湿化粧水ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 未分類 > 美肌キープのカギ!セラミドの働きと肌への効果

美肌キープのカギ!セラミドの働きと肌への効果

角質層にあり肌に潤いや弾力を与えている成分をセラミドといいます。人間が生まれながらに持っている成分で、
赤ちゃんの時はたくさん角質層内に含まれているため瑞々しく弾力のある肌をしていますが、加齢と共に減少していきます。
また、アトピー肌や乾燥肌の人は元から肌が持っているセラミドの量が少ないと言われています。

ターンオーバーとお肌の関係

正常な肌の生まれ変わりの周期(ターンオーバー)は28日ですが、
アトピー肌の人はその周期が短いため、まだ未完成の肌が角質の表面に現れてきます。未完成の肌は外部刺激に対するバリアの機能が弱く、
またセラミドの量も少ないため水分を保持できず、普通肌の人と比べると乾燥肌や炎症に悩まされやすくなります。

反対にターンオーバーの周期が28日より長くなってくると、古くなった角質が肌表面に張り付いたまま剥がれ落ちていない状態になるため、
ごわつきやくすみ、毛穴の黒ずみなどが目立つようになります。またお化粧水などのスキンケアの浸透が悪くなるので、
定期的にスクラブケアをするなど適度に古い角質を落とすケアをすることが大切になります。

セラミド減少の原因とセラミドの美肌効果

ノーマル肌の人であっても、環境や季節の変化に伴う温度・湿度の変化などから肌の水分・油分のバランスが崩れることでバリア機能が低下したり、
肌が持っているセラミドの量が減少したりすることがあります。そうすると肌の内側に水分を蓄えておくことができないためカサカサと乾燥が目立ちやすくなり、
またバリア機能が低下するため敏感肌の人と同じように炎症も起こすようになります。

保湿や保水に注目したスキンケアブランドも増えておりドラッグストアでも簡単に手に入るようになりましたが、商品を選ぶときは水分を与えるだけではなく、
肌の内部で与えた水分をしっかり抱え込む効果があるかどうかを確認することが大切です。十分な量のセラミドを持ったお肌は水分を蓄えハリとツヤ、キメも生み出します。

また、角質層の表面をセラミドが保護することによりバリア機能が高まり、炎症を起こしにくく乾燥もしにくいお肌になります。潤って艶やかな美肌を保つためには、

①セラミドで角質層が満たされ与えた水分をしっかりとキープできること。
②肌表面の水分・油分のバランスが取れ、バリア機能が正常に機能し炎症や乾燥から肌を守ってくれること。
この二つがとても大切になります。