保湿化粧品を選ぶ2つのポイント

保湿化粧水ランキングちぇき(`・ω・´)ゞ > 未分類 > 保湿化粧品を選ぶ2つのポイント

保湿化粧品を選ぶ2つのポイント

保水力があるか?バリア機能を高められるか?がポイント!

肌の老化の原因は様々ありますが、その中の大きな要因の一つに乾燥があります。肌は乾燥すると水分を失い、ハリツヤやキメを失ってしまいます。また肌のバリア機能が低下するため、外部の刺激から肌を守ることができなくなり、急激な気候の変化や紫外線の影響を思い切り受けてしまいます。
まずは肌を乾燥させないために適度に水分を与えることと、補給した水分を失わないように肌の内側に留め蓄えること。この二つがとても重要になります。

保湿化粧品の成分に注目

保湿に特化した化粧品は多数売られていますが、注目したい効果は水分を肌にキープする効果、つまり保水力の高さです。蓄えた水分がすぐに蒸発しないよう肌の中で留まり続け、また肌表面を保護し上からふたをすることも大切です。
オススメはセラミド入りの化粧品ですが、その理由を以下に説明していきたいと思います。

①足りない分を補う考えで乾燥に負けない強い肌に。

セラミドは元々角質層の中に存在している成分です。角質細胞脂質の間を埋める役割をしており、
肌に潤いや弾力、ハリを与える重要な成分です。肌の持つセラミドが減少するとしぼんだ肌の印象を与え、
HT060_350A
また、セラミドは潤いをキープする働きもありますがその機能が十分に発揮できなくなり、乾燥肌や敏感肌などの症状が出てくるようになります。

セラミドが不足した場合、サプリや化粧品で外側から補うことが可能です。肌の内側の足りなくなったセラミドを補い、健康的な肌本来のツヤや潤いを取り戻し、また潤いをキープする肌力を回復させることができます。

②バリア機能を高め外部刺激から肌を守る。

角質層内のセラミドが減少すると、肌の内側はスカスカに隙間ができた状態になり、そうすると十分な量の水分を肌に留めることができなくなります。
この状態は乾燥を引き起こすだけではなく、例えば夏から秋冬に向けて一気に寒くなった時の外の冷たい風や急激な湿度の変化、
また紫外線などの環境要因の刺激に対するバリア機能が弱まり、かゆみや赤みなどの炎症を起こす可能性が高まります。

乾燥状態に炎症が加わると更に乾燥が加速するため、早いうちから肌のバリア機能を高め、肌を守る機能を最大限に高めることが大切になります。
セラミドは内側で水分を蓄えるだけではなく肌表面を保護する役割もあるため、水分と油分のバランスが崩れバリア機能が弱まったお肌を守り、乾燥肌や敏感肌に傾かない健康的な肌作りをサポートしてくれます。